自動車保険 車両保険 格安

車両保険の費用をできるだけ格安にしたい方へ

車両保険 格安

車両保険 安い

自動車保険 格安

任意保険 格安

車両保険 激安

 

車両保険といえば、自動車保険の中で一番迷いの多い補償ではないでしょうか?

 

自動車保険には、大きくわけて4つの補償があります。
対人補償・対物補償・人身傷害と搭乗者傷害そして車両保険です。

 

対人・対物補償は事故相手に支払われるものなので無制限にしておきましょう。
人身傷害と搭乗者傷害は自分の怪我や障害、万が一の死亡に備えるものですが、最低限の3000万円に加入する人が1番多いようです。

 

そして1番問題なのが、車両保険です。

 

何が問題なのかというと、他の補償に比べて一気に保険料が上がるというところです。
車の修理というのは実にお金がかかります。小さな傷を直すのですら数万円かかる世界です。事故で大きな修理が必要になった場合に備えるために、保険料を多く徴収しなければならないのです。

 

まずはあなたの車に車両保険が必要なのか考えてみましょう。
車両保険をかけたほうがいいのは、新車や高級車、外車など資産価値が高い場合です。中古車、軽自動車、買い替えを検討している車には必要ないかもしれません。

 

というのも、車両保険を使って車を修理すると翌年は3等級ダウンとなり保険料がアップします。
高い保険料を支払って修理したら、翌年保険料がさらにアップしてしまったなんてなんとも言えませんね。
車両保険は車の価値と相談してつけるかつけないかを決めましょう。

 

車両保険の有無が決まったらいよいよ見積もり依頼です。
ここでオススメなのが、自動車保険一括見積もりです。

 

自動車保険 探し方

 

 

一度あなたの情報を順番に入力するだけで、複数の保険会社から見積もりを取ることができます。見積もりが出たら相場や最安値の会社が簡単にわかります。
簡単で便利で無料なので、ぜひご活用くださいね。

 

 

自動車任意保険の補償

 

自動車保険 補償

 

自動車任意保険は専門用語が多くてわかりにくいですが、大きく分けて4種類の補償があります。
1)対人賠償 2)対物賠償 3)人身傷害 4)車両保険です。

 

それぞれどんなものを補償しているのか確認してみましょう。

 

1)対人賠償:契約した車両で他人を怪我・傷害・死亡させてしまい、法律上の損害賠償責任を負ったとき、相手の治療費や慰謝料などを補償するものです。
他人が対象なので、家族をはねたときなどは保険金がおりません。

 

契約時に設定した保険金額が上限となります。 

 

2)対物賠償:契約した車両で車や壁、電柱など他人のモノを壊してしまい、法律上の損害賠償責任を負った場合に補償します。
こちらも他人のものでなければ保険金がおりません。

 

契約時に設定した保険金額が上限。 

 

3)人身傷害:契約した車両に乗車中の自分・同乗者が事故で怪我・傷害・死亡した時、過失割合に関係なく実際の損害額に対して保険金が支払われます。 

 

4)車両保険:契約車両が事故で破損した場合や、イタズラをされた時に修理費などを補償します。
契約時に設定した保険金額が上限。

 

車両保険には、補償範囲の広い「一般型」と限定された「エコノミー型」があり、保険料が異なります。

 

これら4つの補償を軸に、必要な特約などを付加して自分のピッタリの任意保険にカスタマイズしていきます。
しっかり内容を確認して、契約をしてくださいね。